TOPへ戻る

2010年08月02日

8/2「こなみ食堂」さん トゥルトゥル美肌メニュー

毎日ブログを書いていると、書き出しの文章に困りますよね。
「暑いですね」という文句も何度も使えませんし。

そこで、今日は<何の脈略もない内容を書いてみる>という斬新な試みをしたいと思います。


みなさん。
かみつきばあちゃん消しゴム」って知ってますか?



さて、本日のシェフは「手羽先のトゥルトゥル煮」が定番となってきた「こなみ食堂」さんでした。

DSCN1574.jpg

【本日のメニュー】
・手羽先さっぱりトゥルトゥル煮
・なすとセロリの炒めもの
・うすなカボチャの煮物
・グリーンサラダ
・みなこ特製つけもの
・とろ〜りヨーグルト



DSCN1576.jpg
今日のメニューは美肌メニュー!
ということで、メインはコラーゲンたっぷりの「手羽先のさっぱりトゥルトゥル煮」。

今までのトゥルトゥル煮と違い、今日は白い!
味もこってり醤油味ではなく、サッパリ塩味に仕上がっていました。

さらにスープも鶏のダシが出ていて美味しかったです。
飲めるスープだったので、汁ものがなくてもいいバランスでしたね。
梅干し&おくらも良いアクセントが出ていました。



そして評判が良かったのが「うすなカボチャの煮物」
DSCN1580.jpg

柔らかくホクホクでとても美味しかったです。

しかしこのカボチャ、ヘチマのように長いカボチャだったそうなのですが、なぜ「うすなカボチャ」という料理名になったのか?

実はカボチャを持ってきていただ方にシェフが「このヘチマみたいなカボチャ何てカボチャなん?」と聞いたところ、「確か、うすなカボチャ…みたいな名前だったと思う」と言ったことから「うすなカボチャの煮物」になりました。

しかし、ヘチマのように長いカボチャ、調べたところ正式名称は「すくなかぼちゃ」でした。

感じで書くと「宿儺かぼちゃ」。
岐阜県高山市の特産品です。

名前の由来は
--------
1600年前にこの地方を治め、領民のために尽力をしたと伝えられる豪族「両面宿儺(りょうめんすくな)」にちなみ、平成13年に命名されました。
--------
とのことです。

詳しくはこちらのサイトでご確認ください。


いやぁ。
勉強になりますねぇ。



で、気を取り直してデザートです。
DSCN1588.jpg

デザートも恒例となりました、ヨーグルト。
ソースはシェフ手作りの苺ソースです。


これでお肌ツルツルですね☆



明日は安定した味と家庭料理のような温かさが好評の「One Step」さんです。
メインは豚肉の冷しゃぶ。


半額キャンペーンもまだまだやっていますので、ぜひお越しください。


ご予約していただけると、確実にお料理をご提供できます。
TEL:080−3673−4931
(受付時間 … 9:00〜17:30)


posted by 津市NPOサポートセンター(ワンデイシェフin津) at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | コーディネーター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。