TOPへ戻る

2011年03月25日

3/25「和」

今日はO+の開店中にはなんとかお天気が持ちこたえました。
シェフの日頃の行いでしょうか。
天気予報をも覆すシェフのパワーですぴかぴか(新しい)

おかげ様で、開店と同時にたくさんの方にご来店いただきまして、皆さまにお席に座っていただけたのが奇跡のように感じました。
もちろん、相席していただいたり、途中でお席を移動していただくなど、お客さまにご配慮いただいての結果です。

相席や、お席の移動が当たり前のように感じていただけるお客様がいらっしゃるということは、お得意様がたくさんご来店いただいているという証であり、またコミュニティレストランについてご理解いただけていることなのだと感謝の気持ちでいっぱいです。
同時に、ゆっくりしていただけない日もあり、申し訳ない気持ちでもあります。
お客さまのご理解あってのコミュニティーレストランO+、今後ともよろしくお願いいたしますハートたち(複数ハート)


さて、本日のメニューのご紹介です。

DSC03808.jpg

・肉巻高野
・塩鶏とカリフラワーのケチャップ和え
・土筆の炊いたん
・わけぎのぬた
・マカロニサラダ
・自家製味噌のみそ汁
・手作りごはんの友 5種盛り
 (菜の花、昆布の佃煮、日野菜、大豆の甘煮、かぶ)
・白飯
・じょうよまんじゅう


メインの肉巻高野、塩鶏とカリフラワーのケチャップ添え、土筆の炊いたんです。

DSC03811.jpg

土筆の登場です!
シェフ宅の田んぼの畦で採れたそうです。
苦みが・・・春ですね〜!

肉巻高野はお客さまから好評でした。
「高野豆腐嫌いだけど、これなら食べれる!」との声をいただきました。
実は・・・はなまるマーケットで放送していたレシピをシェフなりにアレンジしたそうです。

私のイチオシは、塩鶏とカリフラワーのケチャップ和え。
カリフラワーが突然大好物になった一品でした。
塩鶏がとっても柔らかくて美味しかったです。
火の通り方がポイントだとのことでした。


もう一品ご紹介したいのがわけぎのぬたです。

DSC03812.jpg

いかも入っているわけぎのぬた、味のバランスが素晴らしい!!
お皿まで舐めたくなってしまった一品でした。
私もこういうおふくろの味が出せるようになりたいな〜!と思いました。


そして、デザートはじょうよまんじゅう!

DSC03814.jpg

薯蕷(じょうよ)とは、大和芋、山芋、つくね芋などを指すそうです。
この薯蕷芋を饅頭の皮に用いた蒸し菓子を「薯蕷(じょうよ)饅頭」と呼びます。
なんと、シェフはこのじょうよまんじゅうを作るのは初めて。
ドキドキしながら作ったそうです。
お客さまから、「これも手作り??」と驚かれていました。
しっとりした皮にこしあん・・・。
とっても美味しかったです。
ごちそうさまでした。


28日(月)は「ゆる・ごち☆ごっし〜」さんです。
みなさまのお越しをお待ちしております。


posted by 津市NPOサポートセンター(ワンデイシェフin津) at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コーディネーター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。